インド国歌の解説・歌詞

インドの国歌『Jana Gana Mama』(インドの朝)

曲名:『Jana Gana Mama』 (ジャナ・ガナ・マナ / インドの朝)

作詞・作曲:Rabindranath Tagore(ラヴィーンドラナート・タゴール)

インドの国歌『Jana Gana Mama』は、いかにもインドらしいフィーリングに満ちたスケール感溢れる美しい曲です。 『Jana Gana Mama』とは、日本語に訳すると、「インドの朝」といった意味です。

作詞・作曲したのは、1913年にアジア人として初のノーベル文学賞を受賞した、 ラヴィーンドラナート・タゴール(=タークル)(Rabindranath Tagore / 1861年5月7日~1941年8月7日)です。

タゴールが書いたオリジナルのベンガル語による詩は、1番から5番までありますが、 国歌としては1番のみが歌われています。

ちなみに、この曲が公の場で最初に歌われたのは、1911年12月11日にカルカッタで開かれたインド国民議会です。

1950年1月24日には、インドの憲法制定議会によって正式にインドの国歌として採用されています。

なお、インドの「詩聖」と謳われたタゴールは、 バングラデシュの国歌も作詞・作曲しています。

世界の国歌
世界各国の国歌に関する情報を提供しているサイト。インドのページには、 インド国歌『Jana Gana Mama』の成立過程などが解説されています。

デーヴァナーガリー文字のアルファベット表記による1番の歌詞

Janagaṇamana-adhināyaka jaya he Bhāratabhāgyavidhātā
Pañjāba Sindhu Gujarāṭa Marāṭhā Drāviḍa Utkala Baṅga
Vindhya Himācala Yamunā Gaṅgā Ucchalajaladhitaraṅga
Tava śubha nāme jāge, Tava śubha āśiṣa māge,
Gāhe tava jayagāthā
Janagaṇamaṅgaladāyaka jaya he Bhāratabhāgyavidhātā
Jaya he jaya he jaya he, Jaya jaya jaya jaya he

インドの国歌の歌詞:英語翻訳による1番の歌詞

O! Dispenser of India's destiny, thou art the ruler of the minds of all people
Thy name rouses the hearts of Punjab, Sindh, Gujarat, the Maratha country,
in the Dravida country, Utkala and Bengal;
It echoes in the hills of the Vindhyas and Himalayas,
it mingles in the rhapsodies of the pure waters of Yamuna and the Ganges.
They chant only thy name.
They seek only thy auspicious blessings.
They sing only the glory of thy victory.
The salvation of all people waits in thy hands,
O! Dispenser of India's destiny, thou art the ruler of the minds of all people
Victory to thee, Victory to thee,
Victory, Victory, Victory, Victory to thee!.

さらに詳しくインドを知りたい方は、以下のページをどうぞ。