インドの祝日/休日/記念日

インドの祝日について

インドを訪れる旅行者、あるいは現地に住んでいる方にとって気になるのはインドの祝日/休日です。 多文化・他宗教の国、インドでは実に様々な祝日やお祭りを祝います。その多くが宗教的な祝日です。

ところが、インドでは法律で全国的に一律に祝日となる日は、たった3日しかありません。

  • 1月26日 共和国記念日 / Republic Day
  • 8月15日 独立記念日 / Independence Day
  • 10月2日 ガンディー生誕日 / Gandhi Jayanti

インドでは、州ごとに、そして宗教ごとに、さまざまな祝祭日があります。 多神教の国だけあって、ヒンズー教、イスラム教、キリスト教などの宗教ごとに祝祭日があるのです。

ヒンドゥー教のお祭りともなれば、神像が人々に担がれ、巨大な山車が繰り出す様は壮観です。 人々の熱気もヒートアップ!

インドのほぼ全域で祝われる宗教的なお祭りには、ディワリ、ガネーシュ / Chaturthi、 ホーリー、ダシャミなどのヒンズー教のお祭り、そしてEidのUL明け、イードアル犠牲祭、 Mawlid -ナブなどおイスラム教のお祭りがあります。

これらの祝祭日は、ヒンドゥー暦やヒジュラ暦(イスラム暦)に沿って決まるため、 毎年、日付が異なります。

以下、主なものをまとめてみましたが、日付の正確さを保証するものではありません m(_ _)m

2013年インドの祝日/休日カレンダー

2013年1月1日(火曜日) 元旦 / New Year
2013年1月14日(月曜日) ポンガル(マカラ・サンクラーンティ)/ Pongal Pongal(Makara Sanranti)
タミル・ナードゥ州など南インドの収穫祭です。2日間にわたって祝われ、額に牛の角をお化粧してポンガルと呼ばれる甘くし味つけしたご飯を食べます。タミルナードゥ州、アーンドラ・プラディーシュ州ではポンガル、カルターナカではマカラ・サンクラーンティと呼ばれています。
2013年1月24日(木曜日) 預言者生誕祭(マウリド・アン=ナビー) / Milad-un-Nabi
ヒジュラ暦により、預言者ムモハメッド(ハンマド)の生誕を祝う日です。イスラムで祝われる聖者生誕祭(マウリド)の中でも、特に盛大に祝われる祝日です。
2013年1月26日(土曜日) 共和国記念日 / Republick Day
1950年にインド共和国憲法が発布されたことを祝う祝日です。 インド全域の州都で公式行事があります。 特にデリーでは、大統領官邸(Rashtrapati Bhavan)からインド門(India Gate)まで続くラージパト(Rajpath)と呼ばれる大通りでは、軍隊、ラクダ、象や民族衣装をまとったパレードなどが大々的に繰り広げられます。 デリーでは交通規制が敷かれ、午前中は飛行機も欠航するようです。 デリーを訪れる方は、移動手段などに注意が必要です。
2013年3月10日(日曜日) マハ・シヴァラートゥリ / Maha Sivaratri Mahashivratri
インド全域で祝うヒンドゥー教シヴァ神のお祭りです。シヴァ寺院では夜を徹して賛歌が歌われ、プージャーが行われます。ことにバナーラスやカジュラーホーで盛大に祝います。
2013年3月27日(水曜日) ホーリー / Holi
春の訪れを熱狂的に祝うヒンズー教の大祭です。インド3大祭りの1つでインド全域で祝われます。街中では色粉や水かけをする光景がいたるところで繰り広げられます。
2013年3月29日(金曜日) 聖金曜日 / Good Friday
復活祭の前の金曜日にあたり、「受難日」「受苦日」とも呼ばれます。イエス・キリストの受難と死を記念する日で、福音書の記述をもとにイエスの受難を思い起こす特別な典礼や祈りが行われます。カトリック教会では聖金曜日に断食を行う習慣があるそうです。
2013年3月31日(日曜日) 復活祭 / Easter Sunday / Linggo ng Pagkabuhay
復活祭は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目によみがえったことを記念する日です。キリスト教の典礼暦における最重要の祝日です。英語では「イースター / Easter」と言われています。復活祭は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日に祝うため、年によって日付が変わる移動祝日です。
2013年4月24日(水曜日) マハヴィル / Mahavir Jayanthi
マハービーラの生誕を祝う、ジャイナ教の中で最も重要な宗教的な祝日です。
2011年5月1日(水曜日) メーデー(勤労感謝の日) / Labor Day
毎年5月1日は、世界各地で春の訪れを祝う日、あるいは労働者による祭典が開かれます。
2013年5月25日(土曜日) 釈迦誕生祭 / Buddha Purnima
お釈迦様の生誕、悟り、そして死を祝う日です。 日本では、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、花祭(はなまつり)といった名称で呼ばれる日です。
2013年8月9日(金曜日) イスラム断食明け祭 / Idul Fitr
断食明け祭は、イスラム教における最大のお祭りです。ヒジュラ暦第10月1日・2日に断食(ラマダン)を終えたことを盛大に祝う日です。イスラム世界ではイード・アル=フィトル / Eid Al-Fitr / Eid Ul Fitr / Eidul Fitr と呼ばれています。ヒジュラ暦のため、毎年、日付けが異なります。
2013年8月15日(木) 独立記念日 / Independence Day
1947年同日、インドが独立したことを祝う記念日です。インド各地で国旗掲揚が行われます。
2013年8月20日(火曜日) パールシー新年 / Parsi New Year
パールシー(Parsi)と呼ばれるインドに住むペルシア系のゾロアスター教の信者たちが祝うゾロアスター教の信者が祝う新年。その多くがボンベイに住んでいるため、ボンベイで祝われます。
2013年8月28日(水曜日) クリシュナ・ジャナマーシュタミー / Krishna Janmashtami / Srikrishna Jayanti
ヴィシュヌ神の化身であるクリシュナ神の誕生を祝うヒンドゥー教のお祭りです。主にデリーやバンガロールなどの北インドで盛大に祝われ、子供のクリシュナ像を飾り、様々な行事が行われます。
2013年9月9日(月曜日)~ 9月19日(木曜日) ガネーシャ祭 / Ganesh Chaturthi
ヒンズー教のガネーシャ神の誕生を祝うお祭りです。約10日に渡って西インドのムンバイやプネーで盛大に祝われます。街中に象の頭を持つ巨大なガネーシャ像が現れます!!
2013年10月2日(水曜日) ガンジー誕記念日 / Gandhi Jayanti / Mahatma Gandhi's Birthday
インドの国父、マハトマ・ガンジーの生誕を祝う祝日です。
2013年10月13日(水)・14日(木) デサラ祭/ダシャラー/ビジャヤダサミー / Dussehra / Vijaya Dashami
インド3大祭りの中でも最も盛大に祝われる、ヒンドゥー教の大祭です。10日間にも渡ってインド全域で様々な行事があります。北インドでは、叙事詩ラーマーヤナが野外ステージなどで上演されます。東インドでは、ドゥルガー・プージャーとして、ドゥルガー女神の像が祀られ、最終日には川に投じられます。
2013年10月15日(火曜日) メッカ巡礼祭 / Idul Juha
イスラム教の宗教的な祝日です。イスラム世界ではイード・アル=アドハー / Eid Al-Adha / Eidul Adhaと呼ばれ、ヒジュラ暦の12月10日からメッカに向かって歩く巡礼の時です。 日本では犠牲祭とも呼ばれています。ヒジュラ暦のため、毎年日付けが異なります。
2013年11月3日(日曜日) ディーパバリ(ディワリ)/ Deepavali(Diwali)
インドの3大祭りの1つで、別名「光の祭り」とも呼ばれます。「ディパー」とはサンスクリット語で「光」、「バリ」は「列」の意味です。インド北部ではディワリ(Diwali)と呼ばれています。10月末から11月初めのインド歴の第七番目の月の初めの日に祝います。富と幸運の女神ラクシュミーを祝い、商売繁盛、幸運祈願を願って家の戸口に灯明を灯し、ラクシュミー女神を招きます。
2013年11月14日(木曜日) イスラム暦新年 / Awal Muharam (Maal Hijrah) / Islamic New Year
イスラム暦新年。イスラム教の宗教的な祝日です。ヒジュラ暦のため、年によって日付が異なります。
2013年11月17日(日曜日) グル・ナーナク誕生日 / Guru Nanak Jayanti / Guru Nanak's Birthday
シーク教の開祖、ナーナクの生誕を祝う日です。
2013年12月25日(水曜日)クリスマス / Christmas / Araw ng Pasko / Notsebuwena
イエス・キリストの生誕を祝う、キリスト教の最も重要な祝日の一つです。
2013年12月26日(木曜日) ボクシングデー / Boxing Day
キリスト教に由来した祝日で、元々は教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから「Boxing Day」と呼ばれます。
  1. 日本-インド間 最安値航空券を検索
  2. 最大75%OFFのホテル・リスト
    エリア別に検索・予約が可能。特にインドに到着する最初の日は、事前にしっかりと宿の確保をしておきたいところです。料金も安く、取り扱いホテル数や宿泊者の口コミ・評価・感想のレビュー情報がとても豊富です。

さらに詳しくインドを知りたい方は、以下のページをどうぞ。